腰痛の時の寝方ってどうしてますか?

 

どっち向いても痛いときは痛いですよね(>_<。)

 

でも寝方を改善することで、痛みが楽になります。

 

 

腰痛と寝方の間には密接な関係があるらしいですよ。

 

悪い寝方が習慣化してしまうと腰痛を悪化させる原因となってしまうそうです。

 

朝起きたら腰が痛い時ってありますよね。

 

それはまさに寝方が悪いからです。

 

 

腰痛にとって悪い寝方とはどういうものなのでしょうか。

 

腰痛の悪い寝方
1.うつ伏せ寝
2.痛い箇所を下にしている
3.合わない布団で寝ている

 

    1. 1.うつ伏せ寝は、腰の反りを強めてしまって、
    2.   寝ている間に腰周りの筋肉が緊張して疲れてしまっています。

 

 

    1. 2.痛い箇所を下にして寝ると、痛い箇所に体重がかかるのでさらに悪化します。
    2.   痛い箇所を上にして寝ましょう。

 

  1. 3.柔らかすぎる布団は、体が沈みこんでしまうので
  2.   寝返りがしににくなり、同じ体勢で寝てしまうので腰への負担が大きくなります。

 

 

 

それでは、寝方を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

 

腰痛の寝方の改善点
1.横向きか仰向きで寝る

2.自分に合った布団で寝る

3.寝る前にストレッチをする

4.寝る前の2時間は食事しない

 

      • 1.横向きか仰向きのどちらかで寝ましょう

 

      •   横向きの場合は、膝をかるく曲げ、背中と腰を少し丸めるように寝ます。

 

    •   仰向きの場合は、足を真っ直ぐに伸ばさずに、膝を少し立てた体勢で寝ます。
    •   膝の下にクッションやタオルを丸めて入れると良いと思います。

 

 

      •   ただし、産後の場合は横向き寝は要注意です!

 

      •   骨盤の一方にだけ負担がかかるので、産後の時は歪みやすくなります。

 

    •   横向きで寝たい時は、両足の間にクッションかタオルを丸めて挟むようにします。
    •   そうすれば骨盤が水平になるので負担が減ります。

 

 

    •   また、妊婦さんは仰向きで寝るのはやめましょう

 

    •   仰向きで寝ているとお腹の重さが腰にもろにかかるので、腰痛が悪化します。

 

  •   私も妊婦の時は(10ヶ月目の頃)仰向きで寝ると、苦しくて寝れませんでした。
  •   横向きで、両足の間にクッションかタオルを丸めて挟むように寝ると楽ですよ。

 

    • 2.自分に合った布団で寝る。

 

  •   決して値段の高い布団でなくても大丈夫。
  •   枕も自分に合ったものを探してみましょう。
  •   寝た瞬間に、気持ちいい~楽だ~と感じる物がいいそうです。
  •   また、寝返りしやすい適度な硬さのある寝具にしましょう。

 

 

    • 3.寝る前にストレッチをする。

 

  •   これは私も毎日やっていて効果を感じています。
  •   寝る前に簡単なストレッチをする事で体に緊張がほぐれ、
  •   寝ている間の腰痛が出にくくなります。

 

    •   私がやっているストレッチはほんの1分程度のもの。
    •   それも布団の上で寝て出来るものなので、リラックス効果も抜群です。

 

 

 

    • 4.寝る前の2時間は食事しない。

 

  •   お腹に食べ物が入っている状態で寝てしまうと、
  •   寝ている間にも内臓が運動しているので、腰や背中の筋肉が緊張しています。
  •   寝る直前の食事は控えましょう。