私が初めて腰を痛めてしまったのは、妊婦の時でした。

 

 

妊娠中期の頃から、イスに座ると腰が痛く、

立ちあがろうとすると腰が抜けるような感じはありました。

 

 

そして妊娠後期の28週目くらいだったと思います。

 

仕事を出産ギリギリまで続けようと、大きなお腹で頑張っていた時でした。

 

会社のイスから立ち上がろうとした瞬間に、ギグっと激痛が走ったんです。

 

 

その後しばらく歩けなくて・・・。

 

腰に何枚も湿布を貼り、
しばらく安静にしていたらようやく歩けるようになったのを覚えています。

 

 

 

妊娠中はお腹が前に突き出るので背骨が曲がって姿勢が悪くなりますよね。

 

そのせいで、背中や腰の筋肉に負担をかけて腰痛が起こりやすくなるそうです。

 

お腹が大きくなり下半身のバランスが崩れ、歩き方も変わるので、
それにより腰に負担がかかるそうです。

 

またこの頃は出産に備えて骨盤や恥骨が開いたり、
大きくなった子宮が神経や骨を圧迫するので坐骨神経痛が起こる場合もあるそうです。

 

 

 

腰の痛みをかかえたままでは出産が不安です。

 

産後、赤ちゃんを抱っこ出来るかどうか心配になってきました。

 

だから妊婦の腰の痛みを和らげる何かいい方法はないのか探してみました。

 

 

 

妊娠中の腰痛の対策、改善法としては、

 

  • ・体を冷やさないようにすること。
  • ・ツボを押したり、ストレッチをする。
  • ・骨盤ベルトで腰を保護してあげる。
  • ・家事なども無理をせずにできる範囲で行う。

 

などです。

 

 

 

私はお腹の赤ちゃんに影響があるのではないかと不安だったので、

骨盤ベルトはやめておきました。

 

妊娠中でも安定期に入っていれば可能だというストレッチをやりました。

 

お腹が大きくても楽にできるストレッチです。

 

 

そのおかげでだいぶん痛みが楽になりました。

 

腰のあたりの血行が良くなったのか、体の冷えがなくなり、

自然と痛みも消えていきました。

 

 

 

おかげで、無事出産!

 

 

産後も念のため、腰痛再発防止のプログラムをやったため、

腰の痛みが再発することもなく、育児することが出来ました。

 

 

このプログラムは何歳でもOKです。

 

どなたが行っても副作用がありません。

 

妊娠中でも安定期に入っていれば可能ですし、産後の腰痛改善にも有効です。

 

妊婦にも出来る、この腰痛ストレッチには本当に助けられました。

 

 

私がやった腰痛ストレッチは、中川式腰痛ストレッチといいます。

 

詳しくは公式サイトをご覧になって下さい。

>>>中川式腰痛治療法<<<