坐骨神経痛の原因

 

まず坐骨神経とは、大まかに言えば、腰部・骨盤部から足の末端まで至る、人体の中で最も長い末梢神経です。

 

太い所では親指ほどの太さがあり、最も太い末梢神経でもあります。

 

 

 

これほど長い神経であるため、坐骨神経のどの部分がどのように圧迫されるかにより、症状の出る範囲や症状の出方も実に様々です。

 

 

坐骨神経痛は、何らかの原因(疾患)によって坐骨神経が刺激され、坐骨神経が通る領域(臀部から太もも、ふくらはぎなど非常に広範囲)に生じる痛みや痺れといった症状そのものを指す名称です。

 

 

医者は神経痛とか色々と名前をつけ、何かというと「坐骨神経痛」ですと医者は片付けますが、

 

それがどのような原因でなったのか、

 

それはどのようにしたら治るのか、

 

などの説明は医者では一切ありません。

 

 

病院や整体院によって、「坐骨神経痛」と言われたり、「脊柱管狭窄症」、「椎間板ヘルニア」だと言われたりします。

 

腰痛は実に多くの人が懸念し、また苦しんでいるに関わらず、今ひとつその症状や実態がわからないというケースが多いようです。

 

分かりにくくしている理由の一つは、「坐骨神経痛」が特定の疾患を指す病名ではないからです。

 

 

坐骨神経痛の原因となる主な疾患

 

坐骨神経痛の原因となる病気は以下に挙げる疾患で、

 

坐骨神経痛を治すためにはこれらの病気を治療することになります。

 

 

・椎間板ヘルニア

 

先程お伝えしましたが、坐骨神経痛とは特定の疾患を指す病名ではなく、症状そのものを指す名称です。

 

坐骨神経が圧迫されることが原因で「椎間板ヘルニア」だったり、「脊柱管狭窄症」だったりします。

 

ですので、坐骨神経痛と医者で言われた人の本当の病名は、坐骨神経痛ではなく、椎間板ヘルニアだったり、他に原因が隠されていることがほとんどです。

 

椎間板ヘルニアとは激痛を伴う坐骨神経痛の原因としても有名です。

 

 

・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

 

高齢者によく見られる疾患です。

 

脊柱管(背骨の中央にあり神経が通っている穴)が狭くなり、神経が圧迫され、坐骨神経痛を引き起こす原因となります。

 

症状としては、数分の歩行で腰や足に痛み・しびれ等が出現しますが、

休息を取ることにより回復するといった傾向が見られます。

 

このような状態を「間欠性跛行」といいます。

 

医者から言わせると5分以上歩けなくなったら手術を勧めるそうです。

 

 

脊柱管狭窄症は残念ながら自然治癒するのは難しく、悪化をさせないことが大切になります。

 

完治させることは難しくても、痛みを軽減させることはとても簡単です。

 

・腰椎の分離やすべり症

 

腰椎の分離やすべりが坐骨神経痛の原因となる場合もあります。

 

分離症・すべり症は少年に多く見られます。

 

その原因を、例に上げると子供が大好きなスポーツが原因となっています。

 

スポーツに原因があるというよりは、そのスポーツで使う動作に問題があるのです。

 

 

例えば、
・サッカーをする時にボールを蹴るために足を思いっきり後ろに反る
・ヘディングをする時に反る
・ピチャーは投げる時に反る
・バッターも打つときに反って振る。

 

このような動作の刺激が原因で、骨と骨が離れます。

 

これが分離症です。

 

1回で離れてしまう場合もありますし、何回か蓄積して離れる場合と様々です。

 

 

そして、すべり症とは分離症が更に悪化した状態で、

かなりの激痛でひどいと車椅子がないと歩けないくらいになってしまいます。

 

すべり症の場合には極端に言うと骨が階段状になってしまう状態です。

 

骨と骨が離れた分離症から更に背骨が滑って、腰椎が前の方へ滑ります。

 

そして、仙骨の間が階段状になってしまう。レントゲンで見ると骨が階段状になります。

 

・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

 

お尻にある筋肉の一つに梨状筋というものがあり、坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。

 

スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、
ストレスを受けた梨状筋によって坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛の原因となるケースがあります。

 

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に比べ緩やかに発症するのが特徴です。

 

・腫瘍

 

稀ですが、腫瘍が坐骨神経痛の原因となるケースもあります。

 

脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などの例があります。

 

他にも変形性脊椎症などを原因とする場合、懐胎(特に妊娠後期)に伴うケースなど、様々な可能性が存在します。

 

 

 

坐骨神経痛とストレッチ

 

坐骨神経痛がどのような原因でなったのか、

 

それはどのようにしたら治るのか、

 

それを見極めて治せるのが中川式腰痛治療法なんです。

 

 

坐骨神経痛は臀部の筋肉の緊張が大きく関係しています。

 

この部分の筋肉の緊張を和らげることでこれらは解消できます。

 

 

また、骨や関節の変形のため、痛みが出ていると診断される人も多いようです。

 

これも筋肉の緊張が原因であるだけなのに、関節をかばう生活をすることにより、
筋肉が硬くなり、どんどん動かなくなっているだけです。

 
これら全て正しいストレッチをすれば解消されます。

 

中川式腰痛治療法はそのストレッチ方法を教えてくれるんです。

 

 

私も医者から「椎間板ヘルニア」と診断を受けて、原因も分からないまま手術を進められていましたが、

 

なんとかして手術は避けたいという想いで、色々調べていたところ中川式腰痛治療法に出会いました。

 

 

「1日15分程度」時間を見つけて中川式ストレッチをしていると、だんだんと痛みが縮小していきました。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。
>>>中川式腰痛治療法 公式サイト<<<