日常場面の中でも、腰痛になりやすい動きがあります。

私の経験上、体をひねりながらかがむ動作が一番危険かと思います。

 

たとえば、私の場合は、

濡れた傘をタオルで拭こうとして、上半身をひねりながらかがんだ時。

洗車していて、車の横ボディーを洗おうとして、上半身をひねりながらかがんだ時。

風呂掃除をしていて、湯船の中を洗おうと、上半身をひねりながらかがんだ時。

冬、服をいっぱい着込んで体を締めつけていて、急に立ち上がった時。

いずれも腰を痛めてしまいました。

 

調べた結果、腰痛になりやすい日常動作を挙げてみました。

・かがむ時

・荷物を持ち上げる時

・洗面台で顔や手を洗う

・シャワーを浴びる時

・椅子から立ち上がる時

・布団に入る時、起き上がる時

・ズボンや靴下を履く時

・洗車する時

・風呂掃除している時

・中腰で作業する時

・一日中イスに座っている時

・体を曲げたり、ひねったりする動作をした時

・野球やゴルフの素振りをした時

・きつい服で体を締めつけている時

・横着して座ったまま、前や後ろの物を取ろうとした時

・高い所にある物を取る時

・柔らかく座り心地のいいソファに座っている時

・うつぶせ寝で肘を立てて背中を反り返った姿勢でスマホやテレビなどを見ている時

腰痛になりやすい動作

 

まだまだ危険な動作は日常の中で溢れています。

くれぐれも用心しましょうね。